株式投資特選情報~兜町天気予報~

2001年からの歴史を誇るNJI・ 新興市場最新情報の公式ブロク。 IPO、マザーズ、ジャスダックなどの新興市場銘柄はもちろん、テーマ株、大型株、仕手株、初心者にはやさしく、玄人にも満足いただける内容になっています。 デイトレはもちろん、中長期でチェックしたいテーマの情報などをお届けいたします。

    NYSE-pic2-copy

    ■米指標:ダウ-28.97 ナスダック+4.960 S&P500-0.38
    ■NY原油:1バレル=46.90ドル
    ■NY円:1ドル=111円85~95銭
    ■NYユーロ:1ユーロ=130円10~20銭

    ■外資系証券寄り付き前ナリユキ注文状況
    ウ810万株-カ870万株 差し引き60万株の買い越し
    大阪    ¥20090
    ナイト   ¥20060
    にほんブログ村 株式投資情報
    人気ブログランキングへ

    yen-1995422_960_720

    日銀は金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決めた。
    特に大きな変化はないであろうというのが大方の見方であったが、
    一部弱気筋の中には「ETF買い入れ金額縮小」を流布する者もおり、
    長期国債の買い入れ額は「年約80兆円をめど」、
    ETFの購入量も年6兆円を維持でやや安心感は広がった。

    欧米の中央銀行が金融の正常化に動き始める中、
    日銀は緩和を続けるしかないようで、
    目標とする「物価上昇率2%」の達成時期を、
    これまでの「2018年度ごろ」から「19年度ごろ」へ1年間先送りした。

    景気の基調判断は「緩やかに拡大している」とし、
    6月会合での「緩やかな拡大に転じつつある」から一歩前進させた。

    日本は金融政策の現状維持でカネ余りによる株高が続くとの見方が強まった。

    今夜は市場参加者の多くが関心を寄せているECBの政策見通し。
    6月28日のドラギ発言では株、為替ともに大きく動いた事からドラギ総裁の会見に注目が集まる。

    IPO

    7/20
    初値¥1051 公開価格¥730 +321円 +44%
    初値出来高104万5300株 初値売買代金¥10億9861万0300

    事業内容 ジュエリー・アクセサリーの開発・製造・販売

    公開株数 1,500,000株(公募:1,500,000株 売出し:0株)
    オーバーアロットメントによる売出し:225,000株
    売買単位 100株
    上場前の発行済株数 6,672,000株
    上場時の発行済株数 8,172,000株
    時価総額  ¥59億6556万
    吸上資金  ¥12億5925万
    EPS   ¥76.55
    PER   9.5倍
    公開価格  ¥730
    ●比較類似とPER
    2736  サダマツ    72.1倍 連
    3174  ハピネス&D  24.0倍 単
    7597  東京貴宝     8.0倍 単
    9904  ベリテ     14.2倍 単
    7968  TASAKI  14.8倍 連
    8008  4℃HD    12.0倍 連
    「初値予想」

    このページのトップヘ