IPO

ソレイジア・ファーマ(4597)株は上場前に投機妙味を指摘し、上値目標¥555と提示!

以下、IPOコーナーでのソレイジア・ファーマ(4597)上場前の分析コメント
----------------------------
吸い上げ¥40億、ペプチドリーム上場の頃と違いバイオはありふれたIPOという事、
バイオ特有の赤字体質、黒字化の意思希薄、ベンチャーキャピタル銘柄ということなどから、市場の評価は低い。
公募段階でのIPO参加を見送った投資家も少なくないようだ。

だが、伊藤忠が筆頭株主で、仕手株のような超低位。
この値ごろならもう内容は無視して株価だけで人気がつきそうだ。
ロックアップ解除価格¥277を上値と意識する場面はあろうが、
元より赤字無配でPERや利回りでの割高割安を議論される段階になく、
人気がつけば、流動性と値ごろ感だけで、¥500相場があるかもしれない。

横の繋がりがないVCが複数社、入り乱れているため、売り合戦になる場面も想定しておきたい。
吸い上げ資金¥40億、2000万規模の公開株の1回転が見えて、ロックアップ解除価格までギャップがある局面には投機妙味がある。
またVC売りが一巡すれば、さらに投機妙味はある。

値段が値段だけに参加者は人数ベースで激増しよう。

ロックアップ期間となる上場後三か月間の予想株価レンジは、¥150~555
有料会員入会のご案内