株式投資特選情報~兜町天気予報~

2001年からの歴史を誇るNJI・ 新興市場最新情報の公式ブロク。 IPO、マザーズ、ジャスダックなどの新興市場銘柄はもちろん、テーマ株、大型株、仕手株、初心者にはやさしく、玄人にも満足いただける内容になっています。 デイトレはもちろん、中長期でチェックしたいテーマの情報などをお届けいたします。

    2017年01月

    grid-1511497_960_720

    ■寄り付き状況
    米ダウは史上初の$20000を突破
    為替は円安一服も、米株高を好感し日経平均も続伸で始まっている。

    ■個別材料

    東芝(6502)半導体分社、外部出資19.9%に
    野村(8604)と大手6行提携
    東京海上(8766)やSOMPO(8630)サイバー攻撃保険拡充 
    カブコム(8703)とIB証券に東証が過怠金 
    LINE(3938)前期75億円、最終黒字転換
    東電HD(9501)・中部電(9502)連合、1800億円でNYに火力、世界初 
    Jディスプレ(6740)新型ディスプレー、車載・VR端末など20点公開
    DIC(4631)太陽HD(4626)に248億円出資、19.5%
    イオン(8267)食器・寝具のPB多彩に
    京セラ(6971)AIで家庭電力管理 
    リコー(7752)R&Iが格下げ 
    住友化(4005)米社と合弁解消、欧米化学大手の日本事業縮小相次ぐ
    IHI(7013)NEXCO系と世界最長トルコの橋に応札 
    クボタ(6326)新型トラクター公開
    小田急(9007)インバウンドVB向け共用オフィス、5年で10カ所目標
    三菱ケミHD(4188)4月から経営管理にROIC導入 
    船井電(6839)東証が改善報告書要求 

    ■決算情報
    NTTドコモ(9437)4~12月期営業益2割増
    カルビー(2229)4~12月営業8%増益
    デジアーツ(2326)4~12月営業益11億円 
    コムチュア(3844)4~12月純利益14%増 
    航空電子(6807)4~12月純利益73%減
    アズワン(7476)4~12月最終、6期連続最高益 
    カーボン(5302)前期減損42億円 
    旭硝子(5201)前期、純利益7%増 
    リコー(7752)今期、税負担37億円増 
    日立化(4217)、今期一転最終増益 
    富士通ゼ(6755)今期純利益54%減 

    ■1/25 主な決算発表予定銘柄
    サイバーA (4751)
    H2Oリテイリ (8242)
    ファナック (6954)
    オリックス (8591)
    小糸製作所 (7276)
    エムスリー (2413)
    日立金属 (5486)
    富士電機 (6504)
    アドバンテスト (6857)
    大京 (8840)
    帝国ホテル (9708)
    GMOクリックH (7177)
    ニューフレアテク (6256)  など計55社

    「特選銘柄情報はこちら」
    「注目株を見る」

    agenda-1462978_960_720

    国内予定
    12月企業向けサービス価格指数(8:50)

    海外予定
    英10-12月期GDP(18:30)
    米12月卸売在庫(22:30)
    米12月シカゴ連銀全米活動指数(22:30)
    米12月新築住宅販売件数(1/27 0:00)
    米7年国債入札

    NYSE-pic2-copy

    ■米指標:ダウ+155.80 ナスダック+55.382 S&P500+18.30
    ■NY原油:1バレル=53.18ドル
    ■NY円:1ドル=113円20~30銭
    ■NYユーロ:1ユーロ=121円70~80銭

    ■外資系証券寄り付き前ナリユキ注文状況
    ウ410万株-カ1250万株 差し引き840万株の買い越し
    大阪    ¥10070
    ナイト   ¥19230

    あなたのワンクリックがブログ更新の励みになります

    にほんブログ村 株式投資情報
    人気ブログランキングへ

    ground-1585817_960_720

    2020年に開催される東京オリンピックに向け、オリンピック関連銘柄は注目のテーマですが、
    皆が知る周知の事実、今更感もあるテーマでもあるかもしれません。
    オリンピック誘致時が一番盛り上がったと言えるかも・・
    なぜなら、オリンピック関連は業績を見込んだ長期投資と言えるからです。
    建設業界は東京オリンピックに向けて、各種施設の建設や整備、インフラなどで業界全体で受注増が期待されます。
    交通機関、宿泊施設、飲食店などのサービス業は、2020年の東京オリンピック開催で業績好調が見込まれています。
    その数字は決算としては2021年3月末決算で反映されるのが分っているからです。
    業績のピークを2019年〜2020年にむかえると推測されるため長期投資と言えるでしょう。

    ここで、主なオリンピック関連と言われる銘柄をまとめてみましょう。

    ■建設関連銘柄
    競技会場や選手村の整備・インフラ整備など期待できる。特に大手ゼネコン。
    道路、セメントなども含まれる。
    1414 ショーボンドHD
    1801 大成建
    1802 大林組
    1803 清水建
    1812 鹿島
    5232 住阪セメ 
    5233 太平洋セメ など、大手・中堅建設から、道路や資材メーカーまで建設業界全般

    ■スポーツ関連銘柄
    オリンピック開催に際してスポーツの活況を期待し、メダル獲得で関連グッズの売り上げなども期待できる。
    スポーツ用品メーカーから、販売、スポーツ・健康ブームによるジム運営など。
    8022 ミズノ
    8114 デサント
    7936 アシックス
    3028 アルペン
    4801 セントラルSP
    7514 ヒマラヤ

    ■旅行・宿泊関連銘柄
    観戦客による交通費、宿泊費アップによる業績期待。
    9603 エイチ・アイエス
    9726 KNTCT
    9708 帝国ホテル

    ■運輸関連銘柄
    観戦客による旅行客増加を見込む。
    9201 JAL
    9202 ANA
    9020 JR東日本
    9006 京急
    9009 京成

    これだけではありません。
    観光客の一部はこの機会に地方に足を延ばすでしょうし、
    4Kや8KTVの普及も期待できます。
    VR・AR関連の飛躍的な技術の進歩や普及があるかも?

    では、東京オリンピック関連の穴株とは?
    インフラの改修などで大量の廃棄物が出ることになり、その処理を行なうのタケエイ(2151)や、
    高級ホテルのベッドシーツのクリーニングなどを請け負い、旅行客増加からホテル活況、それが業績に跳ね返ると期待されている白洋舎(2017)
    オリンピック開催中におこなわれる選手村のコンドーム配布、東京オリンピックでも配布される可能性からオカモト(5122)
    五輪利権銘柄筆頭の電通、ハローキティなどキャラクター商品のサンリオなどなど。
    東京オリンピック開催に向けて、セキュリティシステムや放送機器、交通用途向けなどでUPSの需要拡大が期待されるとも言われています。
    探せば結構あるものです。

    もし、「これだ!」という銘柄がありましたら、是非ご一報ください。

    「特選銘柄情報はこちら」
    「注目株を見る」

    このページのトップヘ