株式投資特選情報~兜町天気予報~

2001年からの歴史を誇るNJI・ 新興市場最新情報の公式ブロク。 IPO、マザーズ、ジャスダックなどの新興市場銘柄はもちろん、テーマ株、大型株、仕手株、初心者にはやさしく、玄人にも満足いただける内容になっています。 デイトレはもちろん、中長期でチェックしたいテーマの情報などをお届けいたします。

    2019年05月

    press-1182396_960_720

    ■寄り付き状況
    米市場は貿易摩擦懸念で一時急落。
    その後かい戻しが入り戻しはしたが、
    久しぶりのトランプ砲で一時は500ドル級の急落となった。
    トランプ大統領は中国の知的財産権侵害などを理由に、
    2000億ドル分の中国製品に10%から25%に関税を引き上げると表明。
    合意前提で戻していた相場に激震、中国関連を中心に売りが出た。

    日経平均始値は連休前4月26日比74円33銭安の2万2184円40銭。
    米国の中国制裁関税から、
    中国をはじめとした世界景気の底入れ期待が後退。
    米株は持ち直したが、
    米通商代表部のライトハイザー代表が10日に制裁関税を発動すると表明。
    110円台後半まで円高方向に振れていることも重荷。
    その後も¥250ほど安く、¥22000を割り込む場面も。

    制裁の影響を受ける中国、日本、アジア市場は厳しいとの見方もあり、
    当事者の米国よりも影響を受けると。
    10日の制裁発動までは波乱がありそうで、
    CMEダウ先物も下げており、上海株の動向では一段の下げの可能性も。

    何も決まっていないが、¥19000どころから¥3000ほど期待で戻していた相場だけに、
    失望売り、リスク回避の売りが出ている模様。
    令和、波乱の幕開けとなりそうだ。


    ■決算発表予定銘柄   
    マクニカ富士エH (3132)
    ジョイフル本田 (3191)
    LIXILビバ (3564)
    ニチアス (5393)
    日本信号 (6741)
    ヤマハ発動機 (7272)
    ノジマ (7419)
    HOYA (7741)
    オリックス (8591)
    スパークスG (8739)
    サカイ引越 (9039)
    など全65社
    有料会員入会のご案内

    このページのトップヘ