株式投資特選情報~兜町天気予報~

2001年からの歴史を誇る「新興市場最新情報」の公式ブロク。 IPO、マザーズ、ジャスダックなどの新興市場銘柄はもちろん、テーマ株、大型株、仕手株、初心者にはやさしく、玄人にも満足いただける内容になっています。 デイトレはもちろん、中長期でチェックしたいテーマの情報などをお届けいたします。

    2021年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IPO

    事業内容 自動車部品等の企画・輸入販売事業
    公開株数 100,000株(公募:50,000株 売出し:50,000株)
    オーバーアロットメントによる売出し:15,000株
    上場時の発行済株数 680,000株
    売買単位 100株
    時価総額  ¥6億3240万
    吸上資金  ¥1億695万
    予想EPS ¥125.19
    予想PER 7.4倍 
    公開価格  ¥930(仮条件上限)
    ■■■■IPO情報はこちらから■■■■

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    japan-112722_960_720

    自民党が233議席の単独過半数を超える可能性があり、
    また自民・公明の与党で絶対安定多数の261議席を確保は可能との見方が広がっている。
    ただし自民党は議席を減らす可能性が高く、
    自公で圧倒的多数の310議席を獲得するには至らないといわれている。

    衆議院解散時の議席数は、自民党276議席、公明党29議席、
    自民、公明両党の議席数は305議席でした。
    野党、立憲民主党110議席、日本共産党12議席、日本維新の会10議席、国民民主党8議席。

    多くの事前調査では自民は40議席前後議席を減らし
    岸田総裁は勝敗ラインは「233議席の単独過半数超え」と低いラインに。

    では、選挙後の株の動きは?

    与党が「3分の2」の310議席を確保した場合
    長期政権への期待から、株高・円安に。

    与党が「絶対安定多数」の261議席や、「安定多数」の244議席まで議席数を減らした場合、
    自民大幅減なら、政権安定への懸念が強まり、相場は株安・円高に。

    与党の議席が「過半数」の233議席を割った場合、
    連立模索の展開となりますが、
    野党が過半数をとれば、政権交代となり、
    ねじれ国会、政局の不透明感から、相場は最も株安・円高に。

    これが可能性の高い株価の動き。

    今回は自民40議席前後減と言われていますが、
    その予想に近い減となったのが2000年の38議席減。
    2000年は12週後にかけて株価の下落率が拡大した。
    有料会員入会のご案内はこちらから

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    japan-112722_960_720
    NISAや「つみたてNISA」に、
    立憲民主党の江田憲司代表代行が、
    同党が掲げる金融所得課税の強化の流れで、
    課税も同様にかけますと発言,
    ネットなどで批判が相次いだ。

    江田氏はその後、自身のフェイスブックで
    「課税しようという趣旨ではない」とした上で、
    「舌足らずの発言で誤解を生じたことについては深くおわびする」と謝罪。
    「質問を誤解した。聞き間違えた」とも語った。
    有料会員入会のご案内はこちらから

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    japan-112722_960_720

    自民党が233議席の単独過半数を超える可能性があり、
    また自民・公明の与党で絶対安定多数の261議席を確保は可能との見方が広がっている。
    ただし自民党は議席を減らす可能性が高く、
    自公で圧倒的多数の310議席を獲得するには至らないといわれている。

    衆議院解散時の議席数は、自民党276議席、公明党29議席、
    自民、公明両党の議席数は305議席でした。
    野党、立憲民主党110議席、日本共産党12議席、日本維新の会10議席、国民民主党8議席。

    多くの事前調査では自民は40議席前後議席を減らし
    岸田総裁は勝敗ラインは「233議席の単独過半数超え」と低いラインに。

    では、選挙後の株の動きは?

    与党が「3分の2」の310議席を確保した場合
    長期政権への期待から、株高・円安に。

    与党が「絶対安定多数」の261議席や、「安定多数」の244議席まで議席数を減らした場合、
    自民大幅減なら、政権安定への懸念が強まり、相場は株安・円高に。

    与党の議席が「過半数」の233議席を割った場合、
    連立模索の展開となりますが、
    野党が過半数をとれば、政権交代となり、
    ねじれ国会、政局の不透明感から、相場は最も株安・円高に。

    これが可能性の高い株価の動き。

    今回は自民40議席前後減と言われていますが、
    その予想に近い減となったのが2000年の38議席減。
    2000年は12週後にかけて株価の下落率が拡大した。
    有料会員入会のご案内はこちらから

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    japan-112722_960_720

    自民党が233議席の単独過半数を超える可能性があり、
    また自民・公明の与党で絶対安定多数の261議席を確保は可能との見方が広がっている。
    ただし自民党は議席を減らす可能性が高く、
    自公で圧倒的多数の310議席を獲得するには至らないといわれている。

    衆議院解散時の議席数は、自民党276議席、公明党29議席、
    自民、公明両党の議席数は305議席でした。
    野党、立憲民主党110議席、日本共産党12議席、日本維新の会10議席、国民民主党8議席。

    多くの事前調査では自民は40議席前後議席を減らし
    岸田総裁は勝敗ラインは「233議席の単独過半数超え」と低いラインに。

    では、選挙後の株の動きは?

    与党が「3分の2」の310議席を確保した場合
    長期政権への期待から、株高・円安に。

    与党が「絶対安定多数」の261議席や、「安定多数」の244議席まで議席数を減らした場合、
    自民大幅減なら、政権安定への懸念が強まり、相場は株安・円高に。

    与党の議席が「過半数」の233議席を割った場合、
    連立模索の展開となりますが、
    野党が過半数をとれば、政権交代となり、
    ねじれ国会、政局の不透明感から、相場は最も株安・円高に。

    これが可能性の高い株価の動き。

    今回は自民40議席前後減と言われていますが、
    その予想に近い減となったのが2000年の38議席減。
    2000年は12週後にかけて株価の下落率が拡大した。
    有料会員入会のご案内はこちらから

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    japan-112722_960_720

    自民党が233議席の単独過半数を超える可能性があり、
    また自民・公明の与党で絶対安定多数の261議席を確保は可能との見方が広がっている。
    ただし自民党は議席を減らす可能性が高く、
    自公で圧倒的多数の310議席を獲得するには至らないといわれている。

    衆議院解散時の議席数は、自民党276議席、公明党29議席、
    自民、公明両党の議席数は305議席でした。
    野党、立憲民主党110議席、日本共産党12議席、日本維新の会10議席、国民民主党8議席。

    多くの事前調査では自民は40議席前後議席を減らし
    岸田総裁は勝敗ラインは「233議席の単独過半数超え」と低いラインに。

    では、選挙後の株の動きは?

    与党が「3分の2」の310議席を確保した場合
    長期政権への期待から、株高・円安に。

    与党が「絶対安定多数」の261議席や、「安定多数」の244議席まで議席数を減らした場合、
    自民大幅減なら、政権安定への懸念が強まり、相場は株安・円高に。

    与党の議席が「過半数」の233議席を割った場合、
    連立模索の展開となりますが、
    野党が過半数をとれば、政権交代となり、
    ねじれ国会、政局の不透明感から、相場は最も株安・円高に。

    これが可能性の高い株価の動き。

    今回は自民40議席前後減と言われていますが、
    その予想に近い減となったのが2000年の38議席減。
    2000年は12週後にかけて株価の下落率が拡大した。
    有料会員入会のご案内はこちらから

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    japan-112722_960_720

    自民党が233議席の単独過半数を超える可能性があり、
    また自民・公明の与党で絶対安定多数の261議席を確保は可能との見方が広がっている。
    ただし自民党は議席を減らす可能性が高く、
    自公で圧倒的多数の310議席を獲得するには至らないといわれている。

    衆議院解散時の議席数は、自民党276議席、公明党29議席、
    自民、公明両党の議席数は305議席でした。
    野党、立憲民主党110議席、日本共産党12議席、日本維新の会10議席、国民民主党8議席。

    多くの事前調査では自民は40議席前後議席を減らし
    岸田総裁は勝敗ラインは「233議席の単独過半数超え」と低いラインに。

    では、選挙後の株の動きは?

    与党が「3分の2」の310議席を確保した場合
    長期政権への期待から、株高・円安に。

    与党が「絶対安定多数」の261議席や、「安定多数」の244議席まで議席数を減らした場合、
    自民大幅減なら、政権安定への懸念が強まり、相場は株安・円高に。

    与党の議席が「過半数」の233議席を割った場合、
    連立模索の展開となりますが、
    野党が過半数をとれば、政権交代となり、
    ねじれ国会、政局の不透明感から、相場は最も株安・円高に。

    これが可能性の高い株価の動き。

    今回は自民40議席前後減と言われていますが、
    その予想に近い減となったのが2000年の38議席減。
    2000年は12週後にかけて株価の下落率が拡大した。
    有料会員入会のご案内はこちらから

    このページのトップヘ