株式投資特選情報~兜町天気予報~

2001年からの歴史を誇る「新興市場最新情報」の公式ブロク。 IPO、グロース市場中心の新興企業はもちろん、テーマ株、大型株、仕手株、初心者にはやさしく、玄人にも満足いただける内容になっています。 デイトレはもちろん、中長期でチェックしたいテーマの情報などをお届けいたします。

    2022年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    earth-1023859_960_720
    クアッドの首脳会合で、
    今後5年間でインド太平洋地域のインフラ整備に。
    500億ドル(約6兆3800億円)以上の支援や投資を目指す方針で一致した。
    中国の巨大経済圏構想「一帯一路」を阻止し、
    「自由で開かれたインド太平洋」実現に向け、
    債務問題に直面する発展途上国を支援し対抗する構え。


    日米豪印のクアッド首脳会談が10時半過ぎから、首相官邸で始まった。
    や中国の覇権主義的な動きへの対応が焦点。
    中国を念頭に、
    「インド太平洋地域で同じようなこと(ロシアのウクライナ侵攻)を起こしてはならない」
    と岸田首相。

    ロシアと関係の深いインドは若干腰が引けているがロシアを非難、

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    japan-112722_960_720
    日本は防衛力を抜本的に強化していく決意を表明
    岸田首相は会見で「安全保障環境が一層厳しさを増す中、
    バイデン大統領と日米同盟の抑止力・対処力を
    早急に強化する必要があることを再確認した」と述べた。
    自ら日本の防衛力を抜本的に強化し、防衛費の増額すると表明した。

    米国主導のインド太平洋経済枠組み(IPEF)に日本が参加する方針も表明。
    米国が抜けたTPPにも米国の復帰を改めて求めた。

    中国包囲網を固め、脱中国を宣誓した形で、
    中国はこれに反発しており、
    日本への渡航を禁止するなどの措置を取る日も近いかもしれない。

    また、G7を広島で開催することにバイデン氏の支持を得て、
    「核兵器による脅かしも国際秩序転覆の試みも断固拒否する意思を示したい」と強調。
    核廃絶は現実的ではないとしても、核兵器をチラつかすロシアなどに、
    どういうメッセージを送れるか注目だ。

    広島で開催しただけで、オリンピックではないが、
    「開催することに意義がある」とはなってほしくないが、、

    地元選出の岸田首相には大きなメリットはありそうだ。

    サマーラリーに向けての生存競争を生き残れ。
    夏に向け、戦い抜くには、NJI!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    press-1182396_960_720
    ■寄り付き状況
    ダウは急速に下げ渋り3日続伸。
    業績懸念から主力ハイテク株が売られ、
    下げ幅は一時500ドルを超えた。
    景気の影響を受けにくいとされる
    ディフェンシブ株に買いが入り、
    急速に下げ渋りプラスで引けた。

    日経平均始値は前日比36円61銭安の2万6711円53銭。
    その後も断続的に売りが出ているが、
    大きく崩れるような動きは今のところない。
    ハイテク株への売りが目立つ。

    ■個別材料
    ☆企業
    博報堂DY(2433)メタバース広告を販売 成長市場に参入
    ソフトバンクグループ(9984)米配信支援に190億円出資
    HUグループ(4544)海外進出 検査試薬の生産受託で
    住友商(8053)やオリックス(8591)参入 大型蓄電池、送電線と直結 電力調整、法改正が追い風 
    JR東日本(9020)と東武(9001)、規格共通化へ
    デンソー(6902)「空飛ぶクルマ」に採用
    ANAHD(9202)国内線チェックイン機ゼロに スマホで代替(各紙)
    Jパワー(9513)脱炭素の株主提案に反対 「様々な電源活用」
    日水(1332)家庭向け缶詰値上げ 7月から最大18%
    ブリヂストン(5108)の格付け「AAプラス」に上げ R&I
    住友電(5802)30年度に売上高5兆円
    ワシントンH(4691)資本金1億円に減資
    セ硝子(4044)株、旧村上系の南青山不動産が5.46%取得
    日東紡(3110)50億円上限の自社株取得枠設定 発行済みの7.0%
    シャープ(6753)特損117億円 特許契約違反で韓国LGDに賠償

    ■決算情報
    マツオカ(3611)26年3月期経常益3.4倍に 
    プラネット(2391)8~4月単独税引き益1%増 

    ■決算発表予定銘柄 
    富士古河E&C (1775)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    earth-1023859_960_720
    ロシア財務省は20日、支払期限27日のドル建てとユーロ建ての国債について
    計約127億円相当の利払いをしたと発表。

    しかし、米財務省はロシア国債の利払いを米国人が受け取れるようにする特例措置を、
    期限の25日午前0時1分で終えると発表した。
    今後のロシア国債は投資家が利息を受け取れず、
    デフォルトと認定される可能性がある。

    6月にも外貨建て国債の利払いがあり、

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    NYSE-pic2-copy

    ■米指標:ダウ+48.38 ナスダック-270.827 S&P500-32.27
    ■米10年国債:2.752%
    ■NY原油:1バレル=110.26ドル
    ■NY円:126円80~90銭
    ■NYユーロ:136円10~20銭
    大阪    ¥26740

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    earth-1023859_960_720
    クアッドの首脳会合で、
    今後5年間でインド太平洋地域のインフラ整備に。
    500億ドル(約6兆3800億円)以上の支援や投資を目指す方針で一致した。
    中国の巨大経済圏構想「一帯一路」を阻止し、
    「自由で開かれたインド太平洋」実現に向け、
    債務問題に直面する発展途上国を支援し対抗する構え。


    日米豪印のクアッド首脳会談が10時半過ぎから、首相官邸で始まった。
    や中国の覇権主義的な動きへの対応が焦点。
    中国を念頭に、
    「インド太平洋地域で同じようなこと(ロシアのウクライナ侵攻)を起こしてはならない」
    と岸田首相。

    ロシアと関係の深いインドは若干腰が引けているがロシアを非難、

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    grid-1511497_960_720

    政府がODA=政府開発援助の予算増額を含めた大綱の見直しに向けて検討に入った。
    ロシアによるウクライナ侵攻で明るみになったエネルギーや食料問題。
    コロナなどの感染症に対応するためODA大綱の改定が必要と。

    かつては中国にODAとして資金援助し、自らがか自国の脅威、
    いや、世界の脅威となる国を育てた日本。

    その中国によるインド太平洋地域での大規模な資金援助。
    経済力が下の日本が上の中国に貢ぎ、
    その資金を途上国にばらまいて影響力を強めた中国。

    中国に対抗するため、ピーク時の半分ほどに落ち込んでいるODA予算の増額につなげる。

    ODA関連 主にゼネコン、道路、橋梁窓の銘柄

    1801 大成建
    1802 大林組
    1803 清水建
    1812 鹿島
    1870 矢作建設工業
    1881 NIPPO
    1882 東亜道路工業
    1883 前田道路
    1884 日本道路
    1888 若築建設
    5233 太平洋セメント
    5911 横河ブリッジ
    5287 イトーヨーギョー

    このページのトップヘ