press-1182396_960_720

■寄り付き状況
NY市場はダウ3日続伸。
1月のISM非製造業景況感指数は市場予想を下回ったが、
好不況の節目である50を大幅に超えた。
米景気への懸念が和らいだ流れを引継ぎ、
ハイテク中心に買いが優勢。
景気への不安、米中貿易摩擦解決への期待、
FRBの利上げを急がないという姿勢から、
全ての不安要素があたかも解決された加のような晴天相場。
そろそろダウは新高値を更新するだろうとか、
年内30000ドル突破なんて期待の声が聞こえてきそうだ。

日経平均始値は前日比84円42銭高の2万0928円87銭と続伸。
米株高を好感して高く始まったが、その後上値は重い。
¥21000目前で足ふみ状態となっている。

■個別材料
トヨタ(7203)中国販売11カ月連続増
日産自(7201)とルノー、自動運転でグーグル陣営に参画 
日産自(7201)4月に臨時総会、ゴーン元会長、取締役も解任
第一生命HD(8750)など生保、経営者向け、「節税保険」見直し 
三井住友FG(8316)傘下の三井住友銀、外貨建て保険の利回り明快に
千代建(6366)米でLNGプラント受注、業務範囲絞り損失回避狙う
キリンHD(2503)健康分野強化、協和発酵バイオ子会社化
ホンダ(7267)中国CATLとEV用電池で共同開発発表

■決算情報 
パンパシHD(7532)今期は32%増益
神戸鋼(5406)今期営業益49%減に下振れ 
JXTG(5020)今期営業益4900億円に下振れ 
ディーエヌエ(2432)今期純利益54%減
カルビー(2229)今期営業益下振れ 
SUMCO(3436)12月期営業益2倍超 
ソフトバンク(9434)4~12月期は営業19%増益
スズキ(7269)4~12月1%減、7年ぶり営業減益
いすゞ(7202)4~12月営業1割増益 
横河電(6841)4~12月営業益22%増
NTTデータ(9613)4~12月純利益6%増
ヤマハ(7951)4~12月営業益16%増 
長谷川香料(4958)10~12月営業益6%減

■決算発表予定銘柄  
トヨタ自動車 (7203)
ソフトバンクG (9984)
住友商事 (8053)
新日鐵住金 (5401)
三菱重工業 (7011)
バンダイナムコH (7832)
ミネベアミツミ (6479)
マツダ (7261)
島津製作所 (7701)
千葉銀行 (8331)
京浜急行電鉄 (9006)
など166社
有料会員入会のご案内