press-1182396_960_720

■寄り付き状況
米市場は利益確定の売りが優勢に。
確実に悪化していく米景気、それを指標が表せば、利下げ期待が膨らむ相場。
米中貿易戦争は解決の光は見えず、ほぼ決裂の様相。
それでも株は希望だけを見つめ、下がらない。
史上最高値更新だけを見つめる展開。

日経平均始値は前日比88円81銭安の2万1040円91銭。
米株軟調で利益確定が先行。
それでも¥21000を下値支持とし、売りも限られている。

■個別材料 
☆企業
日産自(7201)総会、視界不良に 指名委など人選でルノーと妥協探る
日産自(7201)ルノー会長、日産人事案に不満 総会で説明
三菱UFJ(8306)減損リスクも 4~6月、数千億円規模 インドネシア子会社の株価低迷
新生銀(8303)工藤社長、スルガ銀へ出資「要請あれば検討」
ホンダ(7267)印の排ガス新規制 対応スクーター
任天堂(7974)収益モデル転換へ 継続課金でライバル追撃
Jディスプレ(6740)月崎社長辞任へ 後任に菊岡氏
ニコン(7731)ミラーレスに廉価版 愛好家以外を開拓
ルックHD(8029)伊社を子会社化 
トヨタ(7203)管理職ボーナス減 課長級以上9800人 夏4~5%

■決算情報
コーセー(4922)22年3月期、営業利益率16%
東建コーポ(1766)今期純利益18%減 
HEROZ(4382)前期単独税引き益20%増

■決算発表予定銘柄   
ラクスル (4384)
東京ドーム (9681)
正栄食品工業 (8079)
稲葉製作所 (3421)
トーエル (3361)
ラクーンH (3031)
フロンティアI (7050)
小林産業 (8077)
ビューティガレジ (3180)
ウエスコH (6091)
ナイガイ (8013)  
など全20社
有料会員入会のご案内