press-1182396_960_720

■寄り付き状況
米市場はダウは下げ幅は今年最大で、
ほぼ10カ月ぶりの大きさ。
米国債の10年物と2年物の利回り逆転、
景気後退の兆しとされるだけに、
800ドルの暴落となった。

中国の7月工業生産はほぼ10年半ぶりの低水準、
ドイツの4~6月期GDP速報値が3四半期ぶりにマイナス。
米中貿易摩擦が世界景気悪化へ、
さらなる悪影響を及ぼす懸念が広がっている。
VIXも22台へ。

日経平均始値は前日比330円88銭安の2万0324円25銭。
米景気後退、世界景気より一層の悪化で¥400以上安い。

■個別材料 
楽天(4755)携帯基地局整備に遅れ 総務省が迅速化求める
三井海洋(6269)洋上プラント1100億円調達 ブラジル事業、債券上場
日立金(5486)CT部材を転用 荷物検査高速化 商用化へ
リクナビ内定辞退予測 りそな・NTT系も購入
NTTデータ(9613)渋滞をAIで詳細に予測
エアウォータ(4088)インド産業ガス買収 独社の事業、200億円で
リコー(7752)エフィッシモ、株保有は「重要提案」目的
ユニゾHD(3258)株、米ファンドの保有比率9.9%に上昇

■決算情報
出光興産(5019)4~6月純利益50%減 
オンキヨー(6628)4~6月最終赤字13億円 
オープンハウス(3288)今期純利益20%増 年126円配