press-1182396_960_720

■寄り付き状況
ダウは13日に記録した1985ドルを抜いて史上最大を更新し2112ドル高。
武漢肺炎の感染被害による景気後退に対応した大規模な経済対策で、
米与野党の協議が進展し、近く合意するとの期待が強まった。

日経平均は前日比354円45銭高の1万8446円80銭。
ダウの上げ幅が過去最大となったのを受け、
短期海外投資家による先物への買い戻しが入った。
上げ幅は一時¥1000を超え、1万9000円台を回復している。


■個別材料 
ソフトバンクグループ(9984)非上場化検討も断念
マツダ(7261)国内全工場休止、トヨタ(7203)5カ所 日本車の世界生産、半減 
NOK(7240)やタチエス(7239)触覚VRで車部品開発 効率化で研究に投資集中
KDDI(9433)など福島で実験 ドローンで広域警備 
三菱商(8058)買収の蘭電力 小売り・電気の融合模索 日本など展開視野
パナソニック(6752)工場向けコンサル人材3倍に
キヤノン電(7739)衛星再び打ち上げへ 性能試験
JAL(9201)国際線6割減便 予約7割減 29日から来月末まで
DMG森精機(6141)欧州7工場を一時停止

■決算情報
KNTCT(9726)近ツー、今期最終赤字
商船三井(9104)今期特損159億円 
ケーヒン(7251)今期最終赤字144億円 
島精機(6222)今期最終赤字76億円
有料会員入会のご案内