press-1182396_960_720
■寄り付き状況
米市場はダウは反発。
FRBが公表した議事要旨で、
雇用や物価目標に向けた進捗が確認されるまで
現行のペースの資産購入が続くとみており、
経済正常化が進んでも金融緩和が継続との見方が広がった。

日経平均始値は前日比54円91銭安の2万9675円88銭。
国内のコロナ感染再拡大で景気回復が遅れるとの懸念から利益確定の売りが優勢。

■個別材料 
☆企業
日立金(5486)の売却、ベイン連合に優先交渉権 日立(6501)に8000億円超
東芝(6502)株主との対立打開へ 英ファンドが2兆円買収提案
東芝(6502)英のファンドから買収提案 買い取り価格1株約5000円提示
MS&AD(8725)の三井住友海上、米運送業向け保険代理店を買収 北米で初
SOMPO(8630)傘下の損保ジャパン、隊列走行に保険 後続車両の無人運転
野村(8604)米新興融資へファンド
日産自(7201)半導体不足で減産 今月3000台、SUVなど2車種
京セラ(6971)5G投資4500億円3年で 関連部品生産を増強
富士電機(6504)パワー半導体投資1年前倒し EV需要取り込み
伊藤忠(8001)など、対話データで販促支援 閲覧履歴と一体
島津(7701)PCR装置を販売 企業診療所でも
サイゼリヤ(7581)初の小型店 「中食」に照準
ダスキン(4665)宅配ピザ買収断念
鹿島(1812)と竹中工務店、遠隔操作タワークレーン公開
GMO(9449)デジタル資産保証参入
メニコン(7780)J&Jと近視抑制
ソフトバンクG(9984)3月自社株買い2500億円
ユーグレナ(2931)129億円調達へ 月内に新株発行
関西電(9503)非エネ4900億円投資 情報通信・不動産を育成

■決算情報
ウエルシア(3141)前期最終23%増益、6期連続最高 
ハイデ日高(7611)前期単独29億円赤字、通期最終で初
ドトル日レス(3087)最終赤字前期109億円、特別損失を計上

■決算発表予定銘柄 
ローソン (2651)
セブン&アイH (3382)
久光製薬 (4530)
コジマ (7513)
マニー (7730)
オンワードH (8016)
イオンモール (8905)
USENNEXT (9418)
乃村工藝社 (9716)
ファーストリテ (9983)