press-1182396_960_720
■寄り付き状況
ダウは反落。
リバウンド狙いの動きが継続していたが、
戻りが鈍くなると再び景気悪化を織り込む動きとなった。
上期の下落率は2割を超え、
キューバ危機以来の大きさと、
壊滅的な動きとなっているなっている。

日経平均始値は前日比14円66銭安の2万6134円89銭。
売り一巡後は上昇に転じしっかりとした動きとなっている。

■個別材料
☆企業
塩野義(4507)コロナ飲み薬、緊急承認の審議継続 厚労省部会「慎重に議論」
トヨタ(7203)国内2工場の停止延長 上海封鎖響き10日間
三菱電(6503)ビル設備装置3万台試験せず 電安法違反
三菱電(6503)神戸の2工場も国際認証停止 計9カ所に
ANAHD(9202)やJAL(9201)など羽田―金浦便が再開 韓国政府、観光客増に対応 
ホンダ(7267)など二輪4社、車種1割削減 環境規制、電動化急ぐ
東芝(6502)電動航空機モーター参入 脱炭素へ小型・高出力
日本取引所(8697)傘下の東証、アクティブETF解禁へ
三菱UFJ(8306)傘下の東銀リース、系列越え増資 東京センチュ(8439)・農林中金から300億円調達
東京きらぼし(7173)が広告会社買収 総合サービス強化
住友不(8830)とダイキン(6367)、空調機器の冷媒を再利用 オフィスを脱炭素化
サイバー(4751)3DのCGモデル量産 エヌビディアと協業
ソフトバンクG(9984)30年度までに温暖化ガス排出ゼロに グループ全体で
中外薬(4519)アトピー性皮膚炎薬が治験で評価項目達成
カルビー(2229)今年2度目 紀文食品(2933)も、食品再値上げ相次ぐ 

■決算情報
サツドラHD(3544) 前期最終45%減益、閉店で減損3.7億円

■決算発表予定銘柄