株式投資特選情報~兜町天気予報~

2001年からの歴史を誇るNJI・ 新興市場最新情報の公式ブロク。 IPO、マザーズ、ジャスダックなどの新興市場銘柄はもちろん、テーマ株、大型株、仕手株、初心者にはやさしく、玄人にも満足いただける内容になっています。 デイトレはもちろん、中長期でチェックしたいテーマの情報などをお届けいたします。

    銘柄情報

    gold-1013618_960_720
    2017年始から有料会員ページ「GJコーナー」で取り上げた銘柄が大暴れ!
    「2017年GJイチオシ銘柄第1弾」として年末に取り上げた「6081 アライドアーキテクツ」は
    大発会から¥2439の高値と好スタート!
    そして2月1日、¥3290+503とストップ高買い気配と暴騰!!
    2月3日も¥4000の高値と売り目標突破!
    4月28日には¥4950と留まるところを知らぬ快進撃!

    1000株買えば!新年早々!¥291万の儲け!

    今年も「GJコーナー」から目が離せません。
    NJI有料会員ページで寄り付き前に掲載される「GJコーナー」には注目です!!

    以下、「GJコーナー」掲載文
    -----------------------

    ☆GJ銘柄 2016/12/30 08:45

    ☆6081 アライドアーキテクツ ¥2037
    ネットでの広告やマーケティングはSNSをいかに上手く活用するか?が
    重要なポイントとなっており、同社のビジネスは時流に乗ったものとなってきそうです。
    9/20高値¥3595からの調整も進行しており、2017年GJイチオシ銘柄第1弾として取り上げます。
    買い目標:¥2000付近 売り目標:¥3595以上 ロスカット:¥1763

    ☆2017/4/19高値・・・¥4950(+143%)
    資産倍増とこいつは春から縁起がいいや~
    -----------------------
    有料会員ページでは
    「その日の注目銘柄」「今後期待できる銘柄のレポート」
    「以前レポートした銘柄の動向」などを寄り付き前に「GJコーナー」で更新しています。
    売り目標、買い目標、ロスカットポイントなど、細やかにレポート。
    その中でも、特に注力、注目度の高い銘柄を「GJイチオシ銘柄」としてレポート。
    「2017年GJイチオシ銘柄第1弾」として取り上げた「6081 アライドアーキテクツ」に続く、
    第2弾、第3弾銘柄も既にレポートとしてピックアップ済。

    -----------------------
    2001年からの歴史を誇るNJI・ 新興市場最新情報
    NJI有料会員お申込みはこちらから
    お得な「お試し会員」もあります

    http://www.nji.jp/members.htm

    img_03

    データセンター運営の業界大手。
    ベンチャーや小口顧客の比率高い。
    AI、IoT関連も育成中

    さくらインターネットは、Twitterライクなソーシャルネットワークサービス(SNS)
    分散型SNS「Mastodon(マストドン)」の
    インスタンス(サーバ)を簡単に立ち上げることができるというスタートアップスクリプトを、
    同社クラウドサービス「さくらのクラウド」で提供を始めた。
    「Mastodon」とは、オープンソースソフトベースのソーシャルネットワークサービス。
    Twitterに似たUIを採用しており、1つの投稿を「トゥート(吠える)」と呼び、
    「トゥート」あたり最大500文字まで投稿可能。
    「Mastodon」の特徴は、それぞれのインスタンスがそれぞれ独自のルールを作り、
    独自の運用基準を持ちながら緩やかに連合する。
    また、既存のSNSと異なり、参加した瞬間に、同じ趣味の人に囲まれて交流できるのが大きな特徴です。
    ユーザーは所属するインスタンスを選択してアカウントを作成・ログインするのだが、
    今回のスタートアップスクリプトにより、インスタンスを簡単にセットアップできるようになる。

    SAKURA INTERNET INC.
    https://www.sakura.ad.jp/


    first-aid-1732712_960_720


    そーせいグループはグローバルに医薬品開発に取り組む日本発バイオ医薬品企業。
    概要創薬ベンチャー、アルツハイマー病、統合失調症、がん免疫、偏頭痛、依存症、
    代謝疾患等のバイオ医薬品の研究開発。

    そーせい、ミクシィ、サイバーダインがマザーズ御三家

    直近のニュースでは
    16年11月10日、そーせいグループの子会社、英Heptares Therapeutics社とJITSUBOは
    共同で消化管障害に関連するペプチド医薬の開発を手掛けると発表した。

    更新
    2017年3月期に東証一部への上場を目標をしていたが、
    「2016年3月期は税引前損失を計上しており、
    これにより東証一部上場の申請基準を満たすことができず、
    当面のあいだは東証マザーズへの上場を継続」

    東証一部への上場申請基準には「最近2年間の経常利益の合計5億円以上」
    というのがあり、今回これをクリアできなかったための断念。

    SOSEI GROUP CORP.
    http://www.sosei.com/


    そーせいグループホームページ
    http://www.sosei.com/


    にほんブログ村 株式投資情報
    人気ブログランキングへ

    h_logo

    銘柄情報 2438 アスカネット

    ネットを利用した個人写真集制作、デジタル画像処理も。
    葬儀社向け遺影写真加工の両輪経営、遺影写真加工で高シェア。
    米国など海外にも展開。
    人工知能を活用したソーシャルロボット開発を手掛ける企業と資本提携。
    新規事業を模索。

    平成29年4月期第2四半期(平成28年5月1日~平成28年10月31日)の業績は、前年同期比で売上高+4.7%、経常損益は+17.0%で増収増益。
    通期計画に対する進捗率は39.0%と好調。

    13日にエアリアルイメージングプレートの販売サイトをオープンすると発表。
    自社ホームページ上で、同社のAIプレートを搭載したBMW社の「HoloActive Touch」の体験レポートを掲載したことが買い材料となっている

    ASUKANET CO., LTD.
    https://www.asukanet.co.jp/

    10245578_625965500856332_4617411567953041931_n

    不動産業で概要東京都心部中心に不動産再生事業を手掛ける。
    建物管理や賃料回収代行事業も手掛ける。
    賃貸・販売仲介事業参入。

    カジノを中心とする統合型リゾート(IR)整備推進法(カジノ法)が16年12月15日に可決、成立した。
    ゲーム・アミューズメント関連やホテル産業、さらには観光立国日本を後押しする切り札として、
    折に触れ、インバウンド関連株全般の株価をも刺激する国策となった。

    カジノ有力候補地として注目されているのが横浜市と和歌山だが、
    関西国際空港から自動車で約1時間、和歌山県北西部の沖に浮かぶ小さな人工島の一部をイントランスが所有しており、
    カジノを含む統合型リゾート(IR)開発に向け準備をしている。
    カジノ関連の穴株として注目が集まっている。

    余談
    ギャンブル依存症が心配と騒がれることもあるカジノだが、
    現在536万人いると言われる日本における依存症患者。
    成人の約5%に当たり、世界各国ではせいぜい1%程度なので、日本は突出して高い。

    しかし、その大半の原因は身近にあるパチンコではないか?
    カジノができたからと言って、新たに依存症患者が増えるとは考えにくい。
    パチンコ依存者がカジノに通いだしたと言って、それは既に依存症患者。
    依存症対策ならパチンコの景品交換所をなくせば一発ではないかと思うのだが・・

    筆者はパチンコ・スロットをやらない。
    と言うか、若いときはそれなりにやっていたが、今は全くやらない。
    学生時代などは、友人数人と千円づつ握りしめ、誰かが勝ったらみんなで分けて生活費に・・
    なんてこともあったが、パチンコ屋がドンドン豪華絢爛、煌びやかになるのを見て、
    「パチンコ屋ってこんなに儲かってんだ、こりゃあ俺だけ勝つわけないな」
    と気付き、それ以来一切やってない。
    当時はカードが導入されだした時で、最後に¥100万以上貯めたコインを換金したのを今でも覚えているが、
    また貯まるんじゃないかと思ったことは一度もない。
    株はギャンブルではない、投資である。

    ギャンブルには管轄の省庁がある。
    競馬は農林水産省、競艇は国土交通省、競輪、オートレースは経済産業省、競馬は農林水産省が所管する。
    宝くじは、総務省にて管轄し、文部科学省がスポーツ振興くじ(toto)を指導監督している。
    カジノの監督省庁は決まっていないが、パチンコは警察庁、観光推進は国土交通省、経済面から考えると経済産業省。
    依存症対策で厚生労働省、外貨獲得という名目で金融庁などが想定されているが、
    これから利権争いも激しくなりそうだ。

    カジノ関連銘柄

    関連銘柄は両替機、遊戯施設や遊技機、パチンコ周辺機器や建築などになる。

    6418 日本金銭機械
    6428 オーイズミ
    3625 テックファームホールディングス
    1418 インターライフホールディングス
    4334 ユークス
    1847 イチケン
    6425 ユニバーサルエンターテインメント
    6419 マースエンジニアリング
    9766 コナミホールディングス
    6257 藤商事
    2767 フィールズ
    6460 セガサミーホールディングス
    7991 マミヤ・オーピー
    7612 コモンウェルス・エンターテインメント
    9816 ストライダーズ
    4712 アドアーズ
    2743 ピクセルカンパニーズ
    6457 グローリー
    3237 イントランス

    警備・セキュリティで、9740 セントラル警備保障や9735 セコムも広い意味で関連銘柄と言える。

    INTRANCE CO., LTD.
    http://www.intrance.jp/

    このページのトップヘ