株式投資特選情報~兜町天気予報~

2001年からの歴史を誇るNJI・ 新興市場最新情報の公式ブロク。 IPO、マザーズ、ジャスダックなどの新興市場銘柄はもちろん、テーマ株、大型株、仕手株、初心者にはやさしく、玄人にも満足いただける内容になっています。 デイトレはもちろん、中長期でチェックしたいテーマの情報などをお届けいたします。

    用語解説

    money-soothes-1669503_960_720

    日経平均はなかなか抜けきれなかった¥19500の壁を突破し高値圏でのもみあい。
    「NYダウに比べ、冴えない、やっと年初来高値を更新した程度か・・」
    と、嘆いておられる方もいらっしゃるでしょう。

    でも、東証2部指数は史上最高値。
    マザーズ指数は9日続伸、JQ平均は15日続伸と破竹の勢い。

    こうして見てみると、日本株もなかなかいいじゃありませんか。
    大型株、日経平均だけとらえると「やっとか」という雰囲気もありますが、
    他の指数、小型株はダウに負けない、上回る動きを見せています。

    相場には「森を見て木を見ず、木を見て森を見ず」という格言があります。
    森とは相場全体を指し、木とは個々の銘柄を指します。
    どちらか一方だけ見ていてはよい結果は出せないという意味ですね。
    お金は動くところに集まるもの。
    お金が集まれば動くもの。
    小型株を中心に取引をしている個人投資家にとっては、
    今はまさに笑いの止まらない相場となっていることでしょう。

    -----------------------
    2001年からの歴史を誇るNJI・ 新興市場最新情報
    NJI有料会員お申込みはこちらから
    お得な「お試し会員」もあります

    http://www.nji.jp/members.htm

    banner-1082652_960_720

    NYダウ連騰記録の過去最高は、
    1987年1月2日から1月20日までの13連騰です。
    その間、約10.8%上昇しました。

    過去の連騰記録は  
    13連騰 1987/1/2~1987/1/20(10.80%)
    11連騰 1991/12/18~1992/1/3(10.3%)
    10連騰 1996/11/4~1996/11/15(5.1%)
    10連騰 2013/3/1~2013/3/14(3.4%)
    ()内は上昇率

    今回13連騰とはなりませんでしたが、
    「13」と言えば欧米では不吉な数字。
    感の良い方はもうおわかりでしょうが、
    1987年と言えば、そう、「ブラックマンデー」を引き起こした年でもあります。
    13連騰の過熱が、508ドル(22.6%)の大下落を引き起こしたとは言いませんが、
    当時の大統領は、そう、トランプ大統領かこよなく尊敬するレーガン大統領。

    当時のアメリカは「スタグフレーション」に悩んでおり、
    1981年に就任したレーガン大統領は「レーガノミクス」を進めることで経済の再建を目指していました。
    インフレ抑制のための金融引き締めにより金利上昇、ドル高が進み、貿易赤字は拡大。
    貿易赤字解消のためにドル安誘導、「プラザ合意」という流れでした。

    なんだか、今のアメリカと似たような動きに思いませんか?

    しかし、当時の上昇率は約10.8%
    今回は783ドル(約3.8%)の上昇ですので、
    連騰記録の倍下がった「ブラックマンデー」を当てはめると約7.6%
    幅で考えると現在のダウ値で計算すれば約1600ドル、まあ、大した暴落ですね。
    しかし、13連騰にはなっていませんし、
    今は「ブラックマンデー」によって生まれた
    「サーキットブレーカー」という制度もありますので。

    あなたのワンクリックがブログ更新の励みになります

    にほんブログ村 株式投資情報
    人気ブログランキングへ

    money-soothes-1669503_960_720
    2016年、あなたは宝の山をつかみ取れましたか?


    人は周囲のムードに左右されがちだ。
    皆が強気で市場が買い人気で沸き返っていると、つられて動いてしまいがちだが、そんなときには売り「裏を行け」。
    人とは逆の道を行けば「宝の山」ありという意味の格言。

    まさに2016年はそんな年でした。
    今年の相場「格言大賞」決定といってもいいのでは?

    「ブクレジット?そんなのないよ」と安心していれば英のEU離脱で暴落。
    「トランプ氏が大統領になったら大暴落する!」と戦々恐々、ふたを開ければ「トランプラリー」と相場は大はしゃぎ。

    そんな2016年も残すところ後1日、相場は今日が大納会。

    「ゲス不倫」で始まった2016年・・・いやいや、相場はサウジアラビアがイランとの外交関係を断交発表から始まったんですよ。
    そして中国上海証券取引所でサーキットブレーカー制度が導入され、初日にサーキットブレーカー発動。
    波乱の幕開けでした。
    その後も「ブクレジット」「北朝鮮の核実験」「テロ」「トランプ劇場」に戦々恐々などいろいろありましたが、
    2016年も最後になり「トランプラりー」で何とか巻き返し終わろうとしています。

    2015年の終値(大納会終値)¥19033
    2016年の始値(大発会寄り)¥18818

    NJI有料会員ページでは今年もやります!
    毎年恒例、人気の「福袋銘柄」

    新年のテーマを選び、そのテーマの中から銘柄を厳選。
    タイミングを見て、福袋から、
    随時、注目銘柄をその時々でドロップしていきます。

    http://www.nji.jp/


    あなたのワンクリックがブログ更新の励みになります

    にほんブログ村 株式投資情報
    人気ブログランキングへ

    fax-1889049_960_720

    株主権利とは「配当金・株主優待・株式分割・株主総会への出席」などです。
    その銘柄を保有することによって株主が持つ権利のことを指します。
    ここでは主に配当、株主優遇の権利の取り方について解説します。

    株主の権利を受けるには、権利の付いている最終日に株主であることが原則です。
    極端な話をすれば、権利確定日の1日だけ株を持っていれば、株主優待や配当の権利を受けられるのです。
    配当狙いで権利付き最終日に購入し、権利落ち日に売っても配当はもらえます。
    100株購入して¥5000の配当を取り、株価が下がらなければ1日で丸儲けとなるわけです。
    ただし、優待に関しては保有期間を設けている企業もありますので、どの銘柄も1日持てばいいというわけではありません。

    株の購入代金の支払いは4営業日後。
    権利を得るためには権利確定日の3営業日前までにその株を購入しておく必要があります。
    これは株券が電子化になる前、株主の名義書換に時間がかかるための措置だったと言ってもいいでしょう。

    権利付き最終日・・・権利確定日の3営業日前に購入しておかなくては権利を得られない日
    権利落ち日・・・株主の権利を得た権利付き最終日の翌営業日のこと
    権利確定日・・・株主の権利をもらえる権限が確定する日

    本日2016/12/27は12月権利付きモノ最終日となります。

    あなたのワンクリックがブログ更新の励みになります

    にほんブログ村 株式投資情報
    人気ブログランキングへ

    alphabet-word-images-1295383_960_720


    掉尾の一振とは、年内最後の取引日の「大納会」に向け、株価が上昇することをいいます。
    年末の節税対策(含み損の解消)の売りが一巡し、休暇入りで商いの細る中、売り圧力が減少。
    新年相場への期待感や、ファンド等による期末のドレッシング買いなどで株が上がることがあるからです。

    「掉尾(とうび)」とは「物事が最後になって勢いの盛んになること」で、もともとは尾を振ることや、物事・文章などの終りになって勢いを奮うこと。
    また「終り頃、最後」という意味で、物事の最終局面で勢いを増すといったニュアンスから来ています。

    掉尾の一振と同じような現象は米国株式市場でも見受けられ、「サンタクロース・ラリー」と呼ばれています。

    このページのトップヘ