株式投資特選情報~兜町天気予報~

2001年からの歴史を誇る「新興市場最新情報」の公式ブロク。 IPO、グロース市場中心の新興企業はもちろん、テーマ株、大型株、仕手株、初心者にはやさしく、玄人にも満足いただける内容になっています。 デイトレはもちろん、中長期でチェックしたいテーマの情報などをお届けいたします。

    用語解説

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    new-york-stock-exchange-1708834_960_720
    6/14
    40年ぶりの物価上昇が止まらない米国。

    5月のCPIは、前年同月比8.6%上昇、
    前月比でも1%上がり、市場予想を超える記録的な伸び。

    市場はFRBによる通常の3倍、
    0.75%の利上げを襲れる展開に。

    15日のFOMCの結果発表まで波乱は続く?



    物価は次第に落ち着くとみられるが、
    6月、7月,の利上げは0.5%が予想され、
    その後は0.25%に戻ると予想されている。

    FRBは政策金利の誘導目標を現在の0.75%~1%の範囲から
    年内2%程度の上昇をさせ、2.75%~3%に誘導するとみられている。

         開催予定日
    第1回 1月25日~26日
    第2回 3月15日~16日
    第3回 5月3日~4日
    第4回 6月14日~15日
    第5回 7月26日~27日
    第6回 9月20日~21日
    第7回 11月1日~2日
    第8回 12月13日~14日

    FOMCとは「Federal Reserve Open Market Committee」の略で、
    日本語訳で「米連邦公開市場委員会」という。

    FRB「The Federal Reserve Board」は、
    日本語で「連邦準備理事会」
    日本の日銀と同じ、アメリカの中央銀行制度の最高意思決定機関で、
    FOMCはFRBが定期的に開催する会合。
    金融政策のひとつである公開市場操作の方針を決定する委員会。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    new-york-stock-exchange-1708834_960_720
    6/14
    40年ぶりの物価上昇が止まらない米国。

    5月のCPIは、前年同月比8.6%上昇、
    前月比でも1%上がり、市場予想を超える記録的な伸び。

    市場はFRBによる通常の3倍、
    0.75%の利上げを襲れる展開に。

    15日のFOMCの結果発表まで波乱は続く?



    物価は次第に落ち着くとみられるが、
    6月、7月,の利上げは0.5%が予想され、
    その後は0.25%に戻ると予想されている。

    FRBは政策金利の誘導目標を現在の0.75%~1%の範囲から
    年内2%程度の上昇をさせ、2.75%~3%に誘導するとみられている。

         開催予定日
    第1回 1月25日~26日
    第2回 3月15日~16日
    第3回 5月3日~4日
    第4回 6月14日~15日
    第5回 7月26日~27日
    第6回 9月20日~21日
    第7回 11月1日~2日
    第8回 12月13日~14日

    FOMCとは「Federal Reserve Open Market Committee」の略で、
    日本語訳で「米連邦公開市場委員会」という。

    FRB「The Federal Reserve Board」は、
    日本語で「連邦準備理事会」
    日本の日銀と同じ、アメリカの中央銀行制度の最高意思決定機関で、
    FOMCはFRBが定期的に開催する会合。
    金融政策のひとつである公開市場操作の方針を決定する委員会。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    new-york-stock-exchange-1708834_960_720

    6/13
    米消費者物価は8.6%上昇 
    5月、40年ぶり高水準となり、
    インフレ加速を背景に利上げ幅が通常の3倍の0.75%になるとの声も。

    6月、7月に続き9月も0.5%の上昇になるとの見方も。






    物価は次第に落ち着くとみられるが、
    6月、7月,の利上げは0.5%が予想され、
    その後は0.25%に戻ると予想されている。

    FRBは政策金利の誘導目標を現在の0.75%~1%の範囲から
    年内2%程度の上昇をさせ、2.75%~3%に誘導するとみられている。

         開催予定日
    第1回 1月25日~26日
    第2回 3月15日~16日
    第3回 5月3日~4日
    第4回 6月14日~15日
    第5回 7月26日~27日
    第6回 9月20日~21日
    第7回 11月1日~2日
    第8回 12月13日~14日

    FOMCとは「Federal Reserve Open Market Committee」の略で、
    日本語訳で「米連邦公開市場委員会」という。

    FRB「The Federal Reserve Board」は、
    日本語で「連邦準備理事会」
    日本の日銀と同じ、アメリカの中央銀行制度の最高意思決定機関で、
    FOMCはFRBが定期的に開催する会合。
    金融政策のひとつである公開市場操作の方針を決定する委員会。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    new-york-stock-exchange-1708834_960_720

    物価は次第に落ち着くとみられるが、
    6月、7月,の利上げは0.5%が予想され、
    その後は0.25%に戻ると予想されている。

    FRBは政策金利の誘導目標を現在の0.75%~1%の範囲から
    年内2%程度の上昇をさせ、2.75%~3%に誘導するとみられている。

         開催予定日
    第1回 1月25日~26日
    第2回 3月15日~16日
    第3回 5月3日~4日
    第4回 6月14日~15日
    第5回 7月26日~27日
    第6回 9月20日~21日
    第7回 11月1日~2日
    第8回 12月13日~14日

    FOMCとは「Federal Reserve Open Market Committee」の略で、
    日本語訳で「米連邦公開市場委員会」という。

    FRB「The Federal Reserve Board」は、
    日本語で「連邦準備理事会」
    日本の日銀と同じ、アメリカの中央銀行制度の最高意思決定機関で、
    FOMCはFRBが定期的に開催する会合。
    金融政策のひとつである公開市場操作の方針を決定する委員会。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    new-york-stock-exchange-1708834_960_720

    5/5
    FRBは政策金利の誘導目標を0.5%引き上げ、
    0.75%~1%の範囲にすることを決めた。

    パウエルFRB議長は記者会見で
    「物価はあまりにも高過ぎる。
    0.5%の利上げを今後、
    複数回の会合で行う選択肢もある」
    とコメント。
    0.75%の利上げには否定的な態度を示したが、
    それでも積極的な利上げ策は続きそうだ。

    0.5%の利上げは22年ぶりの大幅利上げ。

    5/3
    FOMCの結果発表を前に
    米10年国債は3%を超え、為替は130円台前半に。
    利上げを織り込む動きとなっている。


    FRBの今後の金融政策、市場の大方の予想通り
    テーパリングの加速が決められ、
    来年1月から新規の資産購入額を月300億ドル削減し、
    削減幅を従来の2倍にすると決めた。


    FRBは前回11月のFOMCで、月額1200億ドルを買入れてきた資産買い入れ策について、
    11月と12月には購入額を150億ドルずつ縮小するテーパリングの実施を決めた。

    このペースでテーパリングが続けば、来年6月にはテーパリングは完了し、
    金融市場では、テーパリングと同時に利上げが実施されるとの予想。

    政策金利見通しでは2022年中に3回の利上げを示唆。

    FRBはインフレに神経質となっているが、
    原油価格は目先10月がピークとなっている。

    今後の原油価格次第だが、
    市場ではFRBは22年半ばから利上げを開始し、
    その後は2024年末までに合計で1.5%ポイントまでの、
    緩やかなペースでの利上げが見通しが織り込まれている。

    有料会員入会のご案内はこちらから

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    new-york-stock-exchange-1708834_960_720


         開催予定日
    第1回 1月25日~26日
    第2回 3月15日~16日
    第3回 5月3日~4日
    第4回 6月14日~15日
    第5回 7月26日~27日
    第6回 9月20日~21日
    第7回 11月1日~2日
    第8回 12月13日~14日

    FOMCとは「Federal Reserve Open Market Committee」の略で、
    日本語訳で「米連邦公開市場委員会」という。

    FRB「The Federal Reserve Board」は、
    日本語で「連邦準備理事会」
    日本の日銀と同じ、アメリカの中央銀行制度の最高意思決定機関で、
    FOMCはFRBが定期的に開催する会合。
    金融政策のひとつである公開市場操作の方針を決定する委員会。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    new-york-stock-exchange-1708834_960_720

    5/5
    FRBは政策金利の誘導目標を0.5%引き上げ、
    0.75%~1%の範囲にすることを決めた。

    パウエルFRB議長は記者会見で
    「物価はあまりにも高過ぎる。
    0.5%の利上げを今後、
    複数回の会合で行う選択肢もある」
    とコメント。
    0.75%の利上げには否定的な態度を示したが、
    それでも積極的な利上げ策は続きそうだ。

    0.5%の利上げは22年ぶりの大幅利上げ。

    5/3
    FOMCの結果発表を前に
    米10年国債は3%を超え、為替は130円台前半に。
    利上げを織り込む動きとなっている。


    FRBの今後の金融政策、市場の大方の予想通り
    テーパリングの加速が決められ、
    来年1月から新規の資産購入額を月300億ドル削減し、
    削減幅を従来の2倍にすると決めた。


    FRBは前回11月のFOMCで、月額1200億ドルを買入れてきた資産買い入れ策について、
    11月と12月には購入額を150億ドルずつ縮小するテーパリングの実施を決めた。

    このペースでテーパリングが続けば、来年6月にはテーパリングは完了し、
    金融市場では、テーパリングと同時に利上げが実施されるとの予想。

    政策金利見通しでは2022年中に3回の利上げを示唆。

    FRBはインフレに神経質となっているが、
    原油価格は目先10月がピークとなっている。

    今後の原油価格次第だが、
    市場ではFRBは22年半ばから利上げを開始し、
    その後は2024年末までに合計で1.5%ポイントまでの、
    緩やかなペースでの利上げが見通しが織り込まれている。

    有料会員入会のご案内はこちらから

    このページのトップヘ