株式投資特選情報~兜町天気予報~

2001年からの歴史を誇る「新興市場最新情報」の公式ブロク。 IPO、マザーズ、ジャスダックなどの新興市場銘柄はもちろん、テーマ株、大型株、仕手株、初心者にはやさしく、玄人にも満足いただける内容になっています。 デイトレはもちろん、中長期でチェックしたいテーマの情報などをお届けいたします。

    AI

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    にほんブログ村 株式投資情報
    人気ブログランキングへ

    header-915122_960_720


    人工知能(AI)は、今後の株式市場における長期的・最強のテーマといってもいいでしょう。

    市場の有力テーマであるバイオ創薬やドローン、自動運転車、ロボット、フィンテック、IoTやクラウドといったあらゆる技術系分野で、
    AIはそれらと密接に関わり、IT、情報・通信の発展の中心に、まさに人で言う頭(知能)となるテーマです。

    AI研究は1950年代に始まり、ここにきてコンピュータの性能向上やアルゴリズムの改善が進み、
    工場のオートメーションから、近い将来普及していくであろうロボットや車両の自動運転へと一気に進んだ。

    私たちの生活に今後大きくかかわっていくであろう「人工知能」
    身近にはappleのiPhoneに搭載されているsiriも人工知能ですね。

    人工知能(AI)関連銘柄は幅が広い。
    音声認識や画像処理、クラウド、ビックデータ、ロボット、自動運転、バイオまで。
    ありとあらゆるものが関連し、関連したいと思っているテーマです。

    ■人工知能(AI)関連銘柄
    (3905)データセクション
    (3744)サイオステクノロジー
    (3914)ジグソー
    (6769)ザインエレクトロニクス
    (3666)テクノスジャパン 
    (7779)CYBERDINE
    (2138)クルーズ
    (3778)さくらインターネット
    (3653)モルフォ
    (6182)ロゼッタ 
    (3694)オプティム 
    (3906)ALBERT 
    (3773)アドバンスト・メディア 
    (3323)レカム
    (3652)ディジタルメディアプロフェッショナル
    (2352)エイジア
    (3655)ブレインパッド
    (4726)ソフトバンク・テクノロジー など
    有料会員入会のご案内はこちらから


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    にほんブログ村 株式投資情報
    人気ブログランキングへ

    header-915122_960_720


    人工知能(AI)は、今後の株式市場における長期的・最強のテーマといってもいいでしょう。

    市場の有力テーマであるバイオ創薬やドローン、自動運転車、ロボット、フィンテック、IoTやクラウドといったあらゆる技術系分野で、
    AIはそれらと密接に関わり、IT、情報・通信の発展の中心に、まさに人で言う頭(知能)となるテーマです。

    AI研究は1950年代に始まり、ここにきてコンピュータの性能向上やアルゴリズムの改善が進み、
    工場のオートメーションから、近い将来普及していくであろうロボットや車両の自動運転へと一気に進んだ。

    私たちの生活に今後大きくかかわっていくであろう「人工知能」
    身近にはappleのiPhoneに搭載されているsiriも人工知能ですね。

    人工知能(AI)関連銘柄は幅が広い。
    音声認識や画像処理、クラウド、ビックデータ、ロボット、自動運転、バイオまで。
    ありとあらゆるものが関連し、関連したいと思っているテーマです。

    ■人工知能(AI)関連銘柄
    (3905)データセクション
    (3744)サイオステクノロジー
    (3914)ジグソー
    (6769)ザインエレクトロニクス
    (3666)テクノスジャパン 
    (7779)CYBERDINE
    (2138)クルーズ
    (3778)さくらインターネット
    (3653)モルフォ
    (6182)ロゼッタ 
    (3694)オプティム 
    (3906)ALBERT 
    (3773)アドバンスト・メディア 
    (3323)レカム
    (3652)ディジタルメディアプロフェッショナル
    (2352)エイジア
    (3655)ブレインパッド
    (4726)ソフトバンク・テクノロジー など
    有料会員入会のご案内はこちらから


    このページのトップヘ